校長室だより 第11回

 平成30年度最後の月を迎えました。本当に月日の経つのは早いと感じています。来月1日には新元号の発表があり、翌5月1日からは新しい元号がスタートします。今年の卒業生は平成に生まれ、平成最後の年に本校を卒業して行きます。
 
 一昨日の2月27日(水)に卒業生を送る会が行われました。会に先立ち卒業生代表から学校への記念品としてショーケースを頂きました。昇降口左手の既存のショーケース隣に設置致しました。生徒達の各種コンクール等での成績結果を今まで以上に飾れるよう取り組みたいと思います。卒業生を送る会では、新生徒会役員が中心となり、第11期生の6年間の歩みをスライド等で紹介したり、6学年の先生方を囲み6年間の思い出ベストテンについて、人気テレビ番組の再現でとても上手に表現されていました。卒業生も大喜びしていました。
 
 さて、3月は別れの季節です。明日2日(土)は土浦日大高校の卒業式、3日(日)は岩瀬日大高校、そして本校の予行練習日、4日(月)に本校の第11回卒業式が10時より体育館第一アリーナで挙行されます。今年度の卒業生数は73名です。今までの卒業生数で最も少ない数ですが、第11期生までの卒業生総数は1207名になりました。
 
 卒業式が終わると、在校生は次年度に向けてのさまざまな取組が行われます。特に、新5,6年生は4月17日、18日に実施される日本大学基礎学力到達度テスト結果は、日本大学付属推薦時に使用されるテストでありますので、この期間の学習がとても重要になります。学校では春休み期間中も学校を開放しています。図書室、CPC等の利用ができます。また、各教科が学習会を企画しますので是非参加し、学力アップに繋げて欲しいと思います。
 


(卒業記念品贈呈 代表:青木沙樹)


(卒業生代表挨拶:熊谷綾乃)

 

土浦日本大学中等教育学校
校 長 西  山  勝  治

ページの先頭へ戻る