校長室だより 第8回

 早いもので今年5月1日より新しい元号になり、令和元年も最後の月になりました。12月は陰暦の異名で師走(しわす、しはす)とも言われます。我々教員にとっては本当に忙しい月になります。
 
 7日(土)に本校の推薦入試、14日(土)に茨城SAT入試(茨城県の公立中等教育学校型入試)を実施致します。既に、11月に英語運用力入試、理数運用力入試が実施されており、本校を第一志望とする生徒諸君が若干名入学を決めております。また、11月30日(土)には千葉SAT入試が予定されており昨年度の出願数(271)とほぼ同数の出願があります。今月7日に予定されています推薦入試には過去に無いような勢いでの出願があり4日(水)の出願締切日までに三桁に届くのではないかと思うほどの盛況振りです。年明けの一般入試と併せて昨年度の入学生と同等の新入生を獲得したいと取組んでおりますのでご支援方宜しくお願い申し上げます。
 
 さて、19日(木)には校内合唱コンクールが昨年度同様、つくば市のノバホールで開催されます。現在、生徒達は猛練習をしております。朝早くから夕方暗くなるまで校内に生徒達の歌声が響きわたっています。生徒達はクラスの団結力を高め優勝を目指して頑張っているので、保護者の皆様方のご来場をお待ちしております。
 
 6年生の進路状況も推薦を希望した生徒達の結果が毎日のように届いています。親大学日本大学への推薦結果は全て発表されました。今年度は日大へは推薦で34名(43%)の生徒が進路を決定させました。おめでとうございます。本校では進路が決まった生徒も1月のセンター試験は全員受験するように指導していますので学習活動は卒業まで継続していきます。
 

(2018年合唱コンクール つくば市ノバホール)

 

土浦日本大学中等教育学校
校 長 西  山  勝  治

ページの先頭へ戻る