校長室だより 第4回

 7月の校長室便りが第2学年、第4学年英国研修の視察のため大変遅れましたこと心よりお詫び申し上げます。
 
 今月1日(月)に第2学年イギリス研修団と共に羽田より出発し、先週の10日(水)にイギリスより帰国しました。イギリス滞在期間中は天候に恵まれ晴天続きでした。第4学年の研修先であるケンブリッジ大学フィッツウィリアムカレッジを訪れ、全クラスの授業を見学しました。私が教室に入ると若干恥ずかしげな態度を見せる生徒や自己の存在をアピールする生徒などさまざまでしたがどのクラスの生徒達も生き生きとした表情で学んでいました。また、第4学年のエクスカーション(7月6日実施)にも同行し、カンタベリーの大聖堂を見学しました。トマスベケットがヘンリーⅡ世の部下に殺害され、ヘンリーⅡ世がたいそう落胆しベケットの亡骸にすがり号泣した話や、ベケットが列聖され、カンタベリー大聖堂に埋葬されその墓を巡礼する話が、中世イギリスの文豪ジェフリーチョーサーによって『カンタベリー物語』として後世に伝えられていることなどを生徒達に話しました。
 
 さらに第2学年の研修地であるオックスフォード県バンバリー市にあるチューダーホールスクールを訪れました。バンバリー駅からタクシーで10分程度の所にあるチューダーホールスクールはイギリス中世の趣のある建物がメインビルディングになっています。創建は1619年ですので日本では江戸時代初期の頃の建物です。第2学年の研修中はこの建物は職員室、女子の宿泊施設として使用しています。訪問し、すぐに授業を視察しました。こちらもどのクラスの生徒達も笑顔で私を迎えてくれました。語学学校セレクトの先生の指示に従いアクティブラーニング形式で授業が行われていました。とても元気な姿を見て安心しました。また、ロンドン研修(ロンドンナショナルギャラリー、大英博物館)に同行しました。現地JTBが派遣したガイドさんの話をしっかり聞いていました。
 


(チューダーホールスクール)


(カンタベリー大聖堂)

 

土浦日本大学中等教育学校
校 長 西  山  勝  治

ページの先頭へ戻る