校長室だより 第6回

 10月に入り、めっきり秋めいてきました。まさに天高く馬肥ゆる秋到来です。新米も美味しいし、ついつい食がすすんでしまいます。体重が気になる小生にとって我慢のしどころです。
 
 今月、4日(金)は本校創立記念日であり、日本大学(日本法律学校)が1889年(明治22年)、10月4日に当時の東京府より認可をうけスタートして以来130年の記念の年となります。本校正門付近には学祖山田顕義の青年像が毎日、生徒たちの登下校を見守っています。学祖は岩倉具視の遣欧使節団の一員として欧米諸国を歴訪し法律の必要性を強く感じ、日本法律学校の設立に尽力しました。そして、明治新政府において初めて伊藤博文を首相に内閣が組織され、その内閣で我が国初の司法大臣になりました。日本大学では4日に東京にて盛大な記念式典等を挙行いたします。私も出席して参ります。
 
 現在、茨城県各地において第74回国民体育大会が行われております。土浦市は、軟式野球(ジェイコム土浦球場)・相撲(霞ヶ浦総合体育館)・水球(県立土浦第二高校)が会場になっています。本校の教員、生徒達もボランティアや選手として参加しています。茨城県が天皇杯、皇后杯を獲得できることを祈っています。
 
 さて先月、26日(木)に6年生に対する最後の日本大学基礎学力到達度テストが実施されました。今回は英語、国語、数学の他に文系受験の生徒には社会科1科目が、理系受験の生徒には理科1科目が加えられ、昨年度及び今年度4月実施の結果も入れた最終の成績が今月3日(木)に発表されます。6年生にとっては大変重要な選択が待っています。6年生全員にとって良い結果であることを期待しています。
 


(学祖 山田顕義)


(茨城国体キャラクター)

 

土浦日本大学中等教育学校
校 長 西  山  勝  治

ページの先頭へ戻る