校長室だより 第11回

 新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。
庚子の鼠年(2020年)はコロナに振り回された1年でした。2021年(令和3年)辛丑のうし年は全世界でコロナが沈静化し、全ての国の人々が今までのように平穏に日常生活が送れるようになることをお祈りしたいと思います。

 本校では年明けの6日(水)に第1回一般入試が実施されます。昨年を上回る出願者があり今年の一般受験は狭き門になると予想されます。受験生の皆さんには全力で頑張って欲しいと応援しています。昨年末までに実施された本校を第一志望とするAO入試や推薦入試、そして茨城県型の適性入試や千葉県型適性入試で合格しもうすでに入学手続きを終えられた方も多数出ており来年度の新入生も募集定員を超えた状況になるのではないかと予測しております。

 さて、6年生にとっては大変重要な大学入学共通テストが今月の16日(土)、17日(日)に迫ってきました。この冬休みの間も課外授業や冬季講習等で受験勉強を継続しています。本校ではすでに親大学の付属推薦入試で合格をしている生徒もその他推薦入試等で他大学を合格している生徒も全員が今月の大学入学共通テストを受験することとなっています。全6年生の頑張りを期待したいと思います。特にこれから自己の進路希望を獲得しようと頑張っている一般受験組の生徒諸君の最後まで諦めない粘り強い取り組みを応援しています。

 5年生の生徒諸君は今年は自分達の番です。各自の希望する進路を確実につかみ取るための準備に取り組んで欲しいと願っています。すでにこの冬休みを返上して学校に登校し学習活動に懸命に取り組んだ生徒諸君がいます。すばらしい取り組みです。また、指導してくれた先生方には感謝申し上げます。これらの取組は絶対に無駄になることはないと確信しております。

 1月8日(金)の合同HRにて全生徒に紹介しますが、AFSの交換留学生、オリヴィエ・マルコバさんが4年A組に入り本校生徒と一緒に勉強をしていきます。本来ならば、今年度当初から日本に来て本校で学ぶ予定でしたが、昨年12月初めに来日し所定の手続きを全てクリアーし現在つくば市内に住んでいます。 日本に大変興味があり日本語も独学で学んでおり、また日本の空手道に取り組んでいます。チェコ出身ですが英語も流暢に話します。本校生徒と仲良く学校生活を楽しむことを望んでおります。

土浦日本大学中等教育学校
校 長 西  山  勝  治

ページの先頭へ戻る