第1回 グローバル・エシックス(道徳授業)

 5月9日(月)の1時間目,今年度第1回となる堀切校長によるグローバル・エシックス(道徳)が行われました。

 グローバル・エシックスという授業の名称は,視野を広げ自らの常識をまず疑い,先入観や偏見を捨てたものの見方を学び,純粋な世界観を構築しようという狙いから付けられました。頭で論理的に考えるのではなく,心で感じるように受けるのが特徴です。

 今回は「思い込み」というテーマで,Mentimeterを用いてクイズやアンケートを交えながら進められました。25年前に絶滅危惧種になった生物の現状など,思い込みのせいで正解にたどり着かない問題が多く,生徒も頭を悩ませていました。他人に対する思い込みは先入観や偏見となって悪い方向に行きがちです。しかし,自分に対する思い込みは将来の夢に向かう強い志となってよい方向に向かうものです。

 生徒には他に対する公平性と自らに課す強い信念を養ってもらいたいと考えています。

ページの先頭へ戻る