第18回 グローバル・エシックス(道徳授業)

 2023年最初の道徳は、「ルールと自由について」考えてみることでした。人々は自分たちの自由を守るために規則を設けています。もしルールや罰則がない無法地帯だったら、逆に自由は獲得できません。家庭の中でもルールがあって、たとえば約束は守るや朝5時に起きるや勉強は毎日1時間やるなどです。そして、守らなければ罰も当然あるだろうし、違反したらゲームは禁止などの罰則が設けられ、自由が奪われます。

 それは家庭生活、社会生活を守るために、そして人がより豊かな暮らしを送るために必要なことだからです。今回のグローバル・エシックスでは世界の規則や罰則から、その裏にある習慣や宗教や文化を考察してみました。

 未来の世界はきっと、もっと新たな規則や罰則が設けられると思います。それは常に社会が多様化しボーダーレス化が進んでいるからです。常に世界に目を向け次に来る時代を読み解くことが大事なのです。

 

ページの先頭へ戻る