第15回 グローバル・エシックス(道徳授業)

 12月に入り今年最後の行事、合唱コンクールの練習にも熱が入って、クラスの団結力を高めようと気合がみなぎっています。日本もサッカーワールドカップに沸き立ち、中には昼寝をしてしまう人も出ていますが、スペインのシエスタ文化があれば公認の昼寝で仕事効率も上がります。日本も徐々にそんな社会になるかもしれません。さてスペインやドイツは皆さんもよく知っている国ですが、コスタリカやクロアチアとなると、どうでしょうか?対戦国の文化や国土を知っておくと、もっと豊かに観戦が出来るはずです。因みにクロアチアのドブロブニクはジブリの魔女の宅急便の世界観になった大変美しい街です。

 また今回は世界こども平和賞の日本人初受賞のニュースをとりあげました。社会を構成するのは大人の価値観だけでなく、子どもの純粋な「なぜ?」という疑問から世界を変えていくのだということです。議会で昼寝を平気でする大人。便利さや豊かさを求めて環境破壊を繰り返してきた大人。はたしてそれでいいのか?押し付けられる価値観ではなく、自分で考え本質を探る勇気を持ってください。私も子どもの小さな疑問にはっとさせられることがあります。いつのまにか常識で済まそうとしているのかもしれません。身近な疑問を見つけてみましょう。

 

ページの先頭へ戻る