岩瀬日大高校避難区地区防災組織防災訓練が行われました

令和年11月21日(日)に「岩瀬日大高校避難区地区防災組織防災訓練」が実施されました。

当日は,茨城県南西部を震源とする震度6強の地震が発生したとの想定に基づき,近隣住民の方々が,各自でのシェイクアウト訓練を実施したのち,各地区で自主防災組織による安否確認等を行い,指定緊急避難場所である本校の体育館に避難しました。

その後,防災備品の扱い方や挨拶・講評などが行われ訓練は終了しました。 

今回の訓練を生かして,万が一の際は災害の被害を最小限に抑える為に,それぞれが災害対応力を高め連携し,「自助」,「共助」,「公助」を実践していけるよう,今後も本校は地域や近隣住民の方々と連携を深められるよう積極的にコミュニケーションをとって協力してまいります。

 


  近隣住民の方々が避難所である体育館に到着

 

 


  検温と手指消毒の様子

   

  桜川市役所職員による受付の様子

 

    防災に関する動画視聴と防災備品の展示
     

 桜川市役所・桜川警察署・桜川消防署・本校の関係者

 を含め約150名が訓練に参加しました

 

    防災備品の扱い方の説明
 
 大塚桜川市長のあいさつ    吉田校長のあいさつ

 

お知らせ

  • 緊急掲示板
  • インターネット出願
  • 秋の入試説明会
  • 2022年度学校案内パンフレット
  • ツイッターバナー
  • facebook
  • 岩日タイムズ
  • 岩瀬日本大学高等学校 いじめ防止基本方針[PDF]
  • 教員採用[PDF]

ページの先頭へ戻る